General incorporated association Hirabayashikai

E-Mail  hirabayashi@hirabayashi-kai.jp  Phone 06-6685-6907  FAX 06-6686-5724  Access
大阪市住之江区平林北2-2-16 平林木材会館201号

2018年6月6日

全木連副会長 元林野庁長官

島田泰助氏を招いて講演会 平林会総会

 

 

一般社団法人平林会(理事長・村上高兒氏、社員総数188名)の総会が6月6日(水)午後5時から南港のハイアット・リージェンシー大阪に129名(委任状72含む)が出席して開かれ、村上理事長を議長に指名して上程4議案を審議承認して一瀉千里に議了、記念講演に移った。 総会の冒頭、村上理事長が「平林会は木材産業を軸にいろんな業種が集まって地域に貢献してきた。現下の住宅着工戸数は順調だが今後の減少は不可避。国策として国産材へのシフトが進んでおり大阪木材界の拠点である大阪府木連が平林に移転してくる。当会は社員数も200名前後で推移する大きな影響力を持つ組織だ。大阪市から借り受けた平林ウッディパークの積極的な活用が当会の使命だと思っている」と述べて理解と協力を求め、議長席についた。


平林会

挨拶する村上理事長


講演会は元林野庁長官で現在全木連の副会長である島田泰助氏が講師。今春立ち上げた「政令都市木材利用促進議員連盟」の会長であり平林会の顧問でもある高野伸生大阪市会議員が「連盟発足の火付け役でもありブレーン的な存在です」と島田氏を紹介、講演に移った。テーマは「政令指定都市が変われば日本(大阪)が変わる」。会場には講演目当てに100名超が参集、森林環境税の導入を視野に入れた都市部の材木屋の対応(税金の有効な使い方)等を学んだ。法律は必ずや世の中を変える。50年間続いた木材暗黒時代に別れの鐘が鳴り始めた。


 

平林会

島田元林野庁長官


 

席を移して開かれた懇親会は、今春栄えある黄綬褒章を受章し陛下の前で謝辞を言上した有馬啓子さんに村上理事長及び小林理事長(平林会木協)から記念品料が贈られ、来賓三氏〔港湾局高橋英樹理事・西原昇住之江区長・高野伸生大阪市議〕の祝辞のあと末永皎常務理事(昭和6年生)が元気よくグラスを上げて乾杯、歓談に移った。


 

平林会

小林平林会木協理事長と有馬啓子さん