General incorporated association Hirabayashikai

E-Mail  hirabayashi@hirabayashi-kai.jp  Phone 06-6685-6907  FAX 06-6686-5724  Access
大阪市住之江区平林北2-2-16 平林木材会館201号

2017年10月15日

第13回木に触れよう「平林祭り」

雨でも3000人超来場

 

 

(一社)平林会(理事長・村上高兒氏、実行委員長・島津浩之氏)・(一社)大阪府木連(会長・中村暢秀氏)主催の≪第13回木にふれよう・平林祭り≫が10月15日(日)に「平林ウッディパーク」で開催された。 今年は列島に居座る秋雨前線のため前日からの雨模様、それでも9時もオープン前から続々と人が集まり2年ぶりの登場となった「くまモン」タイム(午前11時)にはステージ周辺はごった返しの様相を呈した。 朝9時、地元の新北島中学校吹奏楽部のファンファーレのあと村上理事長の開会宣言でオープンした「平林祭りは」昼過ぎからの雨が祟ったとはいえ「くまモン」効果もあって延べ3000人超が来場、府下唯一の木の祭典の面目を保った。今年で13回目、出展ブースは例年にも増して木材のオンパレード、名実ともに府下最大の木材祭りに成長した。 春先から幾度となく実行委員会を開き、今回も「木の街・平林の原点にもどりより一層木にこだわろう、木材のお祭りに特化しよう」と工夫を凝らしてきた。3年から始まった環境に配慮した「ごみゼロ祭り」の成果も上々だった。 ステージでは、午前と午後の二回登場した「くまモン」やにょロボてぃくす・浪速戦隊トライオーが大暴れ。可愛い子どもたちのフラダンスや地域の方々の太極拳演武に新舞踊はもちろん丸太切り競争(中学生以下)も相変わらずの人気だった。水辺の平林らしい「キッズボート試乗会」と「木のたまごプール」は雨のため中止となったが、木工・工作関係を中心にした体験型ブースや木材関連商品の販売ブースも大賑わい。恒例の木工工作コンテストは審査委員5氏〔高野近畿中国森林管理局長・中村大阪府木材連合会会長・村上平林会理事長・小林平林会木協理事長・島津実行委員長〕がプレゼンターとなって優秀作品5点を表彰した。 島津実行委員長は「終日木にふれる環境を提供する平林祭りの存在感が益々大きくなってきたと実感しています。今回も環境を配慮した『ごみゼロ祭り』をスローガンに掲げて実行に移しました。その甲斐あって会場内のゴミもほぼ『ゼロ』、場内禁煙も奏功しました。まだまだ問題点や課題点が多々ございますが来年度以降も鋭意努力して【木の街・平林】の名物イベントとして木材関係の他団体にも輪を広げ、木材の活性化と地域の振興に寄与したいと考えております」と語っている。当日はケーブルテレビ(Baycom)が祭りの取材に訪れた。(10月17日~22日まで一日4回放映)【写真説明】①②③④⑤


平林会

村上理事長が新北島中学校吹奏楽部をバックに開会宣言


 

平林会

木工工作ブースは大賑わい>


 

平林会

「くまモン」ステージは大賑わい


 

平林会

丸太切り体験コーナー


 

平林会

コンテストのプレゼンター。左から小林理事長・高野局長・中村会長・村上理事長